• Come visit us!   

US Trademark を登録しよう!

日本で作り上げたビジネスをアメリカ市場でも挑戦するにはTrademarkの登録が必要です。Trademark登録はアメリカでビジネスをするのに必要不可欠。今回はその登録方法をご紹介いたします! Trademarkとは T […]

カナダへの越境ECを始めるには?意外と知らないアメリカとの違い

日本国内だけでなく海外へのビジネス展開を検討される企業様も増える中、そのほとんどがターゲット国をアジアまたはアメリカに設定されていらっしゃる印象があります。では、アメリカのお隣であるカナダはどうでしょう?今回、そんな日本からカナダに向け越境ECを立ち上げたいというお問合せをいただいたことをきっかけに、カナダの配送ルールやTaxについて調査した内容をまとめてみました。

GO RIDE STORY Vol.2 :起業からShopifyエキスパートへ

GO RIDEの過去、現在、未来をお届けするシリーズ「GO RIDE STORY」。前回の「Vol.1 代表はどんな人?」に引き続き、今回も、代表の平島が世界一周サーフトリップから起業をし、変化、成長を遂げてきたのかインタビューしてみました。

急増中の食品系EC国内外20選

以前は、他の業界と比べると通信販売化に抵抗があった食品業界も最近ECブームの傾向にあります。パンデミック下の需要急増はもちろん、技術によって物流の効率化も大きな影響を与えています。今回は、特に効果的な海外、国内のECサイトを紹介し、その特徴や営業方法をお伝えさせていただきます。

US向けにEC運営する時に知っておきたい税金の話(初心者向け)

海外向けにECサイトを運営するときに知っていたいのが税金について。特にUSでは州ごとに州税が異なったり、商品によって異なったり、といろいろな要素が重なって税金が課せられるので複雑です。アメリカの税金の話と、Shopify上でどのように対応ができるかを簡単にまとめてみました。

“Less is More” な旗艦店とは?デジタルネイティブのブランドが始める新しい形のフラッグシップストア

“旗艦店(フラッグシップストア)”と聞いて、どのようなお店をイメージされるでしょうか。デジタルネイティブなブランドの参入も合間って、ここ数年でそのトレンドは大きな変貌を遂げてきました。実際のLAのD2C来店レポートも踏まえ、フラッグシップ・路面店の今後のあり方について考えてみたいと思います。

マウス操作のみの時代じゃない?今検討すべきADA対応とは

みなさんのコーポレートサイトやECサイトは、”障害”という定義に該当する方々にも適応した仕様になっていますか?GO RIDEでは、クライアント様よりADA問題を解決したいとのことでご相談をいただきました。今回はその背景と弊社が行った対応方法をまとめていきます。

Sign Up! GO RIDE NEWS

Join our news letter

Shopify、Eコマース、越境ビジネス、などの最新情報をいち早くお届け!
GO RIDE NEWS は、Shopify Expert の GO RIDE が運営しています。

ニュースレターへのサインアップはこちらから。