Shopify

【2022年最新】EC業界のサブスク導入におすすめな商材10選

多様化するサブスク商材

サブスクリプション(サブスク)とは、ある商品やサービスを一定期間・一定額で利用できる仕組みのことをいいます。

配信サービスで有名な会社では、NetflixやAmazon Primeといった動画配信サービスが流行していますね。

サブスクは、サービス商材だけでなく、ECサイトで商品を販売するときにもおすすめです。
近年ECサイトでの成功事例の中には、食品商材が多く見かけられています。

物販分野であるECサブスクは、新型コロナウイルスの流行を背景に、外出の自粛やテレワークの推進などにより、おうちで過ごす時間を快適に過ごすための「巣ごもり消費」と呼ばれる消費行動が流行しました。それに伴い、EC業界だけでなく、さまざまなインターネット上の商品・サービスの需要が高まりました。

それに合わせて、ECサブスクとしてを導入・利用する事業者や商材が増えてきています。
新しい商品やサービスの導入や、既にある商品やサービスをサブスク展開を
検討される事業者や商材の種類が急増しています。

9種類のサブスクモデル

サブスクには、9種類のサブスクモデルがあるとされています。

それでは今回は、9種類中「Eコマース(EC)でできるサブスク」として、商品を一定間隔でお届けする
”①定期購買型”“②キュレーション型”の形態を取っている商材の事例をご紹介をしていきます。

ECサブスクリプション導入におすすめ商材を事例と共に10つご紹介

家電や食品、お花などあらゆる商材のサブスクリプション(サブスク)が増えている中で、
今回は、コロナ禍で需要をさらに高めている意外な商材から生活を豊かにしてくれる商材まで、
ECサイトで販売している事業者向けサブスクを10選、厳選してご紹介します!

1.アロマ・お香

コロナ禍におけるおうち時間が増えたことや海外でのロックダウンによる家で過ごす時間が増えたことで、自身の身体にまとう香りだけでなく、生活空間も香り高くするために、
アロマやお香といった五感で楽しむものが流行しています。

京都のお香専門店 OKOLIFE では、いつでもはじめられるお香の定期便サービスを行っています。

お届けは、必要なアイテムがすべて揃ったオールインワンセットで、おうちのポストに届くので、お香をつけるマッチなどの用意の必要もなく、受け取りも非常に簡単です。

また、定期便開始から1・4・7・12か月目には、毎月届く商品にプラスして
お試しセットや着せ替えセットが届きます。
そのため、事業者にとってはお客様の毎月同じ商品が届くことに飽きて解約するといった心配が減りますし、お客様にとっても12か月先まで楽しんで定期便を購入いただくことができるので
とても素敵なサービスですね。

2.食品

pal system (パルシステム)では、ミールキットという
既にカットと下処理がされた食材に、たれとレシピ付きのお料理セットを、
毎週お届けしてくれます。

メニューは100種類以上あり、カタログの中から選んだミールキットが届くので、
献立を考える心配やお買い物にいく手間が減り、時短で簡単においしい食事ができるため
働き世代からシニア世代まで幅広い世代に利用いただけるサービスとなっています。

また、生協の「宅配おうちコープ」では、
新鮮な食品からストックができる食品や一般メーカーの商品まで
約3,000品目の中から、週に1回食品が届く定期便があります。

※配送対象地域はホームページよりご確認ください※

妊娠中~3歳まで宅配料が無料や置き配も対応など、キャンペーン施策や配送も多様しているので、食品を扱われる事業者の方はぜひ参考にされてみてください。

3.コーヒー豆

コーヒーの有名店である、「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」 のコーヒー豆が
ご自宅に送料無料で届くサービス。

こちらのサイトはShopifyで制作されており、
ユーザーは商品のお届け間隔を変更したり、スキップすることが可能という
カスタマイズが施されています。

バリスタがおすすめするコーヒー豆をご自宅にいながら楽しめるのは、
巣ごもり需要にとてもマッチしていますよね。

4.育児用品

本や雑誌、漫画などを電子書籍として月額制読み放題できるサブスクの存在は近年では一般的となっていますが、
子供の知的教育として、絵本の現物を定期購入できるサービスもあります。

ワールドライブラリーパーソナルは、30か国を超える国や地域に関する世界の絵本を
1歳3ヶ月から月齢や子供の成長にあわせた絵本を選書して毎月お届けしているサブスクです。

月額料金も、1,100円(税込)+送料200円と、プランが一つと
わかりやすい料金設定となっています。

5.ネイル

ネイルサロンは、新型コロナウイルスが蔓延した当初、外出の自粛により店舗への来店ができないことで、ネイルサロンの倒産が急増するという事態が起きました。

その中で、緊急事態宣言下において来店せずにネイルを楽しむことのできる商品として
注目を集めたのが、「ネイルシール」や「ネイルチップ」といった
おうちでできるネイル商品です。

Your Nailでは、月額1,180円でネイルシールが2枚自宅に届くサブスクを提供しており、
オーダーメイドでネイルシールを作ることができます。ネイルサロンに通うサブスクとは異なり、おうちで簡単にネイルができるので、
コロナ禍で外出が難しくても、ネイルを楽しめるという点においてご時世に合った
サブスクであると言えますね。

6.お酒

続いてのサブスクは、お酒です。
数多くあるお酒の種類の中でも今回は、蔵元から直接おうちに日本酒が届く、「日本酒にしよう」というサイトをご紹介します。

多くの酒造は、冬季に一年間の日本酒を造る「寒造り」が採用されているため、
四季に関係なく日本酒を造り出すことが難しいとされている中
「日本酒にしよう」では「四季醸造」の酒蔵と共同開発しているため
日本酒を毎月お届けすることが可能となっています。

プランは、毎月1本もしくは2本の2つのプランが用意されており、毎月の価格に送料も含まれているので、サブスクでよく見られる2か月目以降から価格が上昇するといった不安がありません。

また、スキップ月が簡単に設定ができるので、毎月商品が必ず送られてくる心配もありません。

7.サプリメント

パーソナライズサプリメントを販売する「Fujimi」では、
美容分析を受けると一人ひとりに合ったサプリメントとその組み合わせを診断できます。

スマホで簡単にできる診断で出た結果を元にできたパーソナライズサプリメントは、通常価格定期価格がご用意されています。

サプリメントは、毎日飲み続けることで効果が期待できるため
そのような毎日使用や服用するものは、サブスクとの相性抜群です。
最近はユーザーの意向や好みに合ったサービスや商品を提供するEC事業者もよく見かけるようになりました。
もちろん、Shopifyでもこのようなパーソナライズされた商品の定期購買の仕組みを作ることはできます。

8.コスメ

毎月様々なコスメ(化粧品)が届くサブスクのメリットは、
気になる商品を気軽に試せることやたくさん種類があるコスメの中から自分で選ぶという手間が省けるだけではありません。

何が届くかわからない「お楽しみボックス」のようなサブスクは、
特にコスメに置いては、毎月定期購買することによってトレンド商品を知れるかつ試すことができるのです。

BLOOMBOXは、日本最大級のコスメセレクトショップ「アットコスメ」が
監修するコスメサブスクです。

商品一つ一つのサイズは、ミニサイズのサンプル品を中心となっています。
料金プランは、1か月プランに加えて、6か月や12か月と、まとめてお支払いすることで
お得になるようなプランもご用意されています。

9.コンタクトレンズ

コンタクトレンズ(コンタクト)を使用している人はご存じの方が多いかもしれませんが、
コンタクトを着用できる期間を示す種類は主に1DAYと2WEEKの2種類があります。

その中でも1DAYのものは、毎日使い捨てができる衛生面から一箱あたり、2WEEKと比べて
どうしても割高となってしまいます。

その常識を覆したサブスクを行ったのが、メガネブランドで知られる「J!NS」です。

J!NSが販売するコンタクトは、通常購入より定期便にすることで
「年間​​4,752円もおトク」としています。
それ以上に注目されているのが、
12回目のご利用で、JINSのメガネをプレゼントされること
さらに13回目以降は割引率が1%ずつアップしていくことのことです。

◎定期購買は、毎月届くというメリットがあるものの、
購入し続けるかつ使い続けるというのはユーザーにとって
心理的、金銭的負担となりますが、J!NSのような
「◯回以上のご購入で、〇〇プレゼント」
「◯回以上のご購入で、◯%オフ」
といった回数によるキャンペーンを実施することで
ユーザーのさらなる購入意向が期待できます。

10.ペットフード

ペットの中でも今回は犬のエサのサブスクをご紹介します。

一般的な犬のエサは、ドライフードと言われる栄養食ですが
ドライフードだけでは栄養が偏ってしまうことがあるため、愛犬の年齢・体重・健康状態に合わせて、ごはんも調整する必要があります。

今回ご紹介する「Buddy FOOD」では、
獣医師・ペット栄養管理士監修によるごはんを、
「無料フード診断」から分析された新鮮なごはんを自宅に直接お届けしてくれます。

専門家によって監修されたごはんを、人間と同じように動物も健康状態に合わせて
毎日あげられるので、人間だけでなくペットに対するサブスクの需要も高まりつつ
あります。

Shopifyで日本語に対応したサブスクアプリGo SubscRide

 

カナダ発のECプラットフォーム「Shopify」を使用してサブスク商材を始めるには
Shopify内で、サブスクを利用するためのアプリを導入することで、サービスを開始することができます。

 

世の中がサブスク商材を導入する中で、当初のShopifyアプリは
海外製のアプリが主流であったため、日本企業の事業者の方に取っては
他言語であることや操作性が不慣れであることなど、多くの課題がありました。

 

ですが、近年では日本の事業者の方に向けた日本語対応をしたサブスクアプリは多く存在します。

その中で、弊社アプリ「Go SubscRide」を導入するメリットを3つお伝えします。

 

▼Go SubscRideを導入するメリット

 

①販売手数料が一切かからない

 

Go SubscRideの最大の強みは、月額制により商品の販売数や売上が増加しても
月に支払う金額が一定であることです。

 

Shopifyにある他のサブスクアプリでは、
導入にかかる初期費用が低額である代わりに、販売数や売上高の増加に応じて
アプリには、一部手数料が発生するものが多く存在します。

 

その中で、弊社のアプリは月額一律となっていますので、
月にかかる費用がわかりやすく、追加で費用が発生することがない為、
先の事業計画をお考えの際にもお役立ちします。

 

②サブスクに関するカスタマイズだけでなく、事業者の方にそれぞれに合わせたカスタマイズが可能

 

サブスクを始められる際に、事業者の方が叶えたいご要望にも
自社開発アプリという強みから、カスタマイズをして構築することが可能です。

 

例えば、
・サブスク利用から3ヶ月後に、毎月の商品に加えてプレゼントを送りたい場合。

といった、事業者の方が実現したいサブスクのカスタマイズが可能です。

 

また、弊社はShopifyでのサイト構築の段階で対応可能なため、
無償でできるカスタマイズから有償でブランド独自のカスタマイズにもご対応しております。

 

③もちろん日本語・英語の2ヶ国語で対応可能

 

「これまでのサブスクアプリでは、日本語対応していないことが課題であった。」
と先ほどお伝えしましたが、
言語に関してももちろん、日本語に対応しています。

 

そのため、日本から海外へ、海外から日本へ越境ビジネスをする際にも
アプリと合わせて弊社は越境ECの経験が豊富ですので、ご安心いただければと思います。

 

アプリに関するサポートや、越境ECに関するサポートについては、メールにて、日本語・英語共に受け付けておりますので、ぜひご連絡ください。

 

越境ビジネスに関するご相談などは、こちらからお待ちしております。

 

◯おすすめのサブスク販売モデル

 

こちらのアプリは、9種類あるサブスクモデルの中の2種類の商材におすすめのアプリとなっています。

 

    1. 定期購買型

健康食品や化粧品、新聞や雑誌の定期購読などの商品が定期的に届くサブスクモデル。

 

    1. キュレーション型

診断や分析を専門家やAIが厳選し、購入者の方専用に特におすすめな商品を送るサブスクモデル。
(例:季節のお花や季節のお酒が届くサブスクなど)

 

 

サブスク導入に関するお問合せやお困りごとのご相談は、こちらからお待ちしております。

 

まとめ

今回は、世の中にあるサブスクリプションの中から、
ECサイトでできるおすすめの商材をご紹介しました。

 

これらの商品は、
弊社が開発した、ECプラットフォーム「Shopify」で利用できるサブスクリプションアプリ
「Go SubscRide」ととても相性が良い商材になります。

 

GO RIDEでは、これまで多くのECサイト構築において、サブスクの導入経験も
多数ございます。
是非ともサブスク導入ご検討中の事業者の方は、こちらよりお問合せください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

EC構築、集客などでお困りのことお聞かせください
GO RIDE Shopify Expert
Sign Up! GO RIDE NEWS

Join our news letter

Be the first to know about Shopify, e-commerce, cross-border business, and more!
GO RIDE NEWS is operated by GO RIDE, a Shopify Plus Partner.