Shopify

ShopifyでBtoB卸売販売をはじめたい方へ

checklist

ShopifyはBtoCのイメージが強いかもしれませんが、BtoB向けの卸売りも可能です。
Shopify公式ブログShopifyBtoB向け卸売ストアを作る方法を紹介!」でも紹介されている通り、1つのサイトをB2CとB2B併用型にできたり、B2B向け特化型にできたりします。
Shopifyで出来ることは多種多様にありますので、まずはあなたのビジネスでどんなことをしたいか整理してみましょう!以下チェックリストを参考にしてみてください。

1.BtoBを検討されている方皆様向けチェックリスト

✔︎ B2B特化型限定サイト OR B2B&B2C併用希望
✔︎ 
業者選定の有無(リテーラーがアカウント登録後、あなたが審査してから初めて業者となる必要がありますか?)
✔︎ 
業者ランクの有無
✔︎ 
ディスカウント方法(%OFF、固定額、まとめ買いOFF、ケース売りなど)
✔︎ 
決済方法(後払いにして掛売りにしたいなど)
✔︎ 
発注書・請求書・領収書発行の必要性(Shopifyアプリはいくつかありますが、自社でエクセル管理などで大丈夫ですか?)
✔︎ 
送料(実費負担でしょうか?)
✔︎ 
ローンチ後の運用体制

2. B2B&B2C併用希望の方向けチェックリスト

✔︎ 売上比率
✔︎ 在庫管理方法(B2B&B2C一元化 OR 別在庫。その他ネクストエンジンなどを使いShopify以外のプラットフォームとの在庫連動も必要かどうか)
✔︎ 表示の出しわけ①:ページ(B2B&B2Cいずれかのみに表示をしたいページなどありますか?)
✔︎ 表示の出しわけ②:ログインフォーム
✔︎ 表示の出しわけ③:価格表示
✔︎ 表示の出しわけ④:カート・Buyボタン
✔︎ 表示の出しわけ⑤:コレクション・商品
✔︎ 表示の出しわけ⑥:決済方法
✔︎ 表示の出しわけ⑦:送料設定
✔︎ セール、キャンペーンの予定、内容

3. GO RIDE構築事例

airbuggy
Shopify越境BtoB&BtoC併用型サイト

北米向けストア、EU向けストアそれぞれの構築をShopifyで行いました。同一ストアから特定のWholesalerのみ閲覧、発注が可能なシームレスな併用ストアに。在庫の一元管理や通常カスタマーとWholesalerの販売価格、ディスカウント率の変更を可能にし、煩雑になりがちな併用型ストアをシンプルな操作性を重視した設計で実現しました。
https://goriderep.com/ja/works/airbuggy/

(今後も事例追加予定)

いかがでしたでしょうか?上記事例は一部にすぎません。
あなたのビジネスモデルをヒアリングさせていただき、Shopify Plus、アプリ、その他にも合わせて出来ることをご提案させていただきます。是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

Shopify
14日間無料トライアルのShopifyストア開設はこちらから!
GO RIDE Shopify Expert
Sign Up! GO RIDE NEWS

Join our news letter

Shopify、Eコマース、越境ビジネスなどの最新情報をいち早くお届け!
GO RIDE NEWSは、Shopify Plus PartnerのGO RIDEが運営しています。

ニュースレターへのサインアップはこちらから。

Join GO RIDE Newsletter

Sign up free to get e-commerce trends!
Eコマース・越境ビジネス等の最新情報をお届けします。

Newsletter Language/ニュースレターの言語