COME VISIT US!

Marketing

ローカリゼーションって何??【あの人気企業もローカライズしている!】

Coca Cola logo

自社をアメリカで活躍させるには、効果的なローカライズ戦略が必要です。アメリカ人に合わせたコンテンツを作成しなければ、商品の購入やリピート顧客を増やしていくことは困難です。また、適合させたコンテンツを作成するということは、ただ言語を翻訳するだけではなく、その地域にいる人々が興味のあるコンテンツに寄り添う必要があります。

ローカリゼーションとは

Brand Logos
ローカリゼーション戦略とは、自社ブランドを現地化するということです。1つの言語、ロゴや画像でブランドをグローバルに運営していると、その言葉やブランドメッセージが伝わらないケースも出てくるかと思います。なので、ローカリゼーション戦略では、お客様に適切なコンテンツを用意することが必須となります。

ここでアメリカ含め、世界で現在活躍している有名企業の例を見ていきましょう!

Coca Cola

Coca Cola
コカ・コーラは、毎日2億本程が世界中で販売されています。昔からコカ・コーラは、世界中の視聴者を獲得し続けてきたブランドです。毎年コカ・コーラは、スマートなマーケティング戦略で利益を確保してきましたが、最も有名で成功したのは、2013年の “Share A Coke” キャンペーンです。

Share A Coke
このキャンペーンでは、ボトルに ”Share A Coke with Peter” と一般的な名前が記載されていました。ここには、MaryやJackなどとといったアメリカで最も多い一般的な名前が記載されていました。

Share A Coke
しかし、他の地域では、MichelleやJackという名前が当てはまらない場合があります。そこでコカ・コーラは地域ごとに最もポピュラーな名前をボトルに記載することにしました。例えば、アイルランドでは、Aoifeといった現地に多い名前がを使用、また、中国では、下の名前で人々を呼ぶのは失礼に当たるため、コカ・コーラは、名前の代わりに「クラスメイト」や「友人」という単語を使用して販売をしました。

Share A Coke

Netflix

Netflix Logo
コカ・コーラに次いで紹介するのは、Netflixです。Netflixは、世界中にユーザーを抱える、映画やドラマの配信サービスです。Netflixの掲げる使命のうちの1つは、消費者の手元に好みの映画が届くように手助けすることです。理解できない言語で映画を公開しても視聴者が増加しないため、Netflixは、その視聴者が居住する地域に合わせて字幕を用意しています。ホームページや映画のラインナップも地域によって変わり、アプリのユーザーインターフェースまで変わります。

Netflix App
人気Netflixシリーズ「ストレンジャー・シングス」は様々な言語で視聴できます!

ブランドをローカライズしよう!

Creating brand
例えば、あなたのサイトが現地の言語に翻訳されていたとしても、日本語のみのサポートでは不便で、信頼性が低くなります。ローカルでグローバル(グローカル)なコンテンツを作らなければ、リーチが高くても、お客様の信頼性やエンゲージメントは高くなりません。つまり、商品の購入の段階まで辿りつかない可能性が高くなります。グローバルでブランド展開するには、あなたが販売している商品や運用しているコンテンツが使いやすく、うまくローカリゼーションされている必要があるのです。ローカリゼーション戦略のご相談は、GO RIDE までお問い合わせください

Sign Up! GO RIDE NEWS

Join our news letter

Shopify、Eコマース、越境ビジネス、などの最新情報をいち早くお届け!
GO RIDE NEWS は、Shopify Expert の GO RIDE が運営しています。

ニュースレターへのサインアップはこちらから。

Join GO RIDE Newsletter

Sign up free to get e-commerce trends!
Eコマース・越境ビジネス等の最新情報をお届けします。

Newsletter Language/ニュースレターの言語