Pick Up Shopify Technology

GO RIDEがShopify DTLAでクロスボーダーミートアップを開催しました!

2019年6月6日、GO RIDEチームはLos AngelesのShopifyで最初のクロスボーダーミートアップを開催しました。

私たちのクライアント、またパートナの方々がLA、大阪、東京から集まっていただき、ブランドの紹介やどのように日本からアメリカへビジネスを広げたのかをお話いただきました。

イベント参加者は、無料で世界規模のメディアを入手する方法、世界のブランドがShopifyを選択する理由、小売および卸売チャネルを1つのプラットフォームに統合する方法、およびO2OマーケティングをShopifyで使用する方法を学びました。

Norman Kerechuk氏(GG Retrofitz President)は世界的な無料のメディア報道について、独創的なケースの紹介でイベントのオープニングを飾りました。

Norman氏は、同社がメディアの注目を集めるための重要な手段を共有してくれました。

オリジナルデザインされた製品、高品質の写真およびビデオコンテンツ、オフラインイベント、Shopifyで作成されたWebサイトのメディアキットページです。

GG Retoriftzのサイトは、高解像度の写真、多言語化、ビジュアルアイデンティティのガイドライン、およびSNSリンクを含むメディア用の「アクセス」機能を設定しています。

すべての努力は、アメリカ、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、台湾、そして日本で多数のメディア出版をもたらしました。

Kazuhiro Takezawa氏(TABIO US Market Development General Manager)は、なぜグローバル企業がShopifyプラットフォームを選んでいるかについて話をされました。

同社は2017年にShopifyのWebサイトを立ち上げています。

TABIO USAチームは、CMSを使用してWebサイトに簡単にアクセスして変更することを望んでいました。そしてShopifyを選択したもう1つの理由としては、多通貨対応でした。

Tabio USAのe-comプロジェクトで、米国での事業拡大は非常に独創的な方法です。

竹澤さんは、オンラインビジネスにとってオフラインイベントの重要性を指摘しました。

それはブランドの特別なコミュニケーションを築き、印象づけるための最善の方法です。

プレゼンテーションの最後にはTabioのイベントとEcoPressoのイベントのケーススタディをご紹介いただきました。

 

Toyo Hirashima(the CEO of GO RIDE /Event host)はイベントの主催者として、すべてのミートアップゲストを迎え、日本から参加できたことの感謝を伝えました。

そしてトークセッションでは始めに弊社GO RIDEについて話をしました。6年前に作成されたカーシェアリングアプリケーションから、横浜とロサンゼルスにオフィスを持つ国際的なクロスボーダーEコマース代理店になりました。

また発表の中盤ではO2Oマーケティングの重要性を共有しました。

e-comプロジェクトの場合、O2Oはトラフィックをオフラインで作成し、購入を完了するためにそれらをオンラインにリダイレクトすることを意味します。

O2Oファネルを作成するには、会社が行っているオフラインのイベントや活動をWebサイトの閲覧につなげる必要があります。

Shopifyストアのオーナーが行える最も簡単な方法は、「プロモーションコード」ツールです。それをどのように作成しカスタマイズするかを実演し、O2Oのケーススタディも紹介しました。

Shahrooz Kohan氏(President of AIMS360からは有益なクロージングプレゼンテーションがありました。

「小売と卸売り:成功したハイブリッドファッションブランドはどのように複数のチャネルを通して彼らのビジネスを成長させているか」

彼は卸売と小売の経路を通して成長するビジネスツールを紹介しました。

Shahroozは、AIMS360ソリューションがどのようにファッションブランドが直面している課題(在庫管理、原価計算、チケットの選択、EDI、注文入力など)を克服するのに役立つかについてのアイデアを共有しました。

GG Retrofitz、Tabio、Tippsy、Aims360、EcoPresso、みなさまの素晴らしいストーリ、様々な製品を提供していただいたおかげで会場の雰囲気はとても温まりました。

会場の入り口の前にはGG Retrofitzのデザインされたオートバイが置かれ、来てくれたお客様を迎えてくれました。

エコプレッソは、日本の抹茶を食べられるカップで提供されました。

そしてTabioは新しい”Green teaコレクション“から靴下を参加者にプレゼントしました。

Tipsyは最高級の日本酒の試飲をおこなって日本の雰囲気を共有しました。

ラッシュアワーのダウンタウンLAのトラフィックにもかかわらず、ミートアップに参加したすべてのゲストに心から感謝します。

今回のイベントで多くの方に会うことができてとても嬉しかったです!私たちと同じくらい皆様がイベントを楽しんで頂けたことを願っています!

今回のイベント写真はこちら photo album

GO RIDE Republic イベントホスト。Playa Vista, Los Angeles (Silicon Beach) にオフィスを構え、横浜とLAの2拠点で展開する Digital Creative House です。現在まで素晴らしいクライアント様に恵まれ、Shopifyで数々の越境サイトを制作しています。

【今回参加されたブランドとパートナー】

TABIO USA 50歳のグローバルソックスブランド。タビオは、オンラインストアと日本、ロンドン、パリの270のブティックを通じて、世界中で年間3000万足の高級ソックスを提供しています。

GG Retrofitz  南カリフォルニアのインダストリアルおよびグラフィックデザイナーグループによって設立されたオリジナルプロジェクト GG Retrofitzは、ヤマハR3用のオリジナルのレトロ風ボディキットとグラフィックキットを作成しています。

10 SENSE Corporation カフェ等の飲食事業を手がける会社が、革新的なエコプロジェクトECOpressoを発表。食べられるコーヒーカップ “Eco Presso” で抹茶を提供してくださいました。

TIPPSYSAKE 米国最大の日本酒サブスクリプションプラットフォーム。

AIMS360 35年以上にわたり、在庫管理、原価計算、チケットの選択、EDI、注文入力と配布などのためのシームレスなソリューションを卸売業者と小売業者に提供する、最先端のファッションERPソフトウェア。

 


GO RIDEではECサイト制作・運用を行っております。

是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

About the author

Go Ride

Go Ride

ウェブとサーフィンとガッツリご飯が大好物 13ヶ月の世界サーフトリップを経て surf life balance(サーフライフバランス)を考えながら 相乗りサービス "Go Ride" とキュレーションメディア "Go Ride News" 開発&運営中